• お問合せはこちら
  • TOPICS
  

用途から探す

住宅用

  • 屋上・屋根・天井部位等
  • 壁面・窓枠部位等
  • 基礎床部位等

  • 住宅設備関連等
  • 建築物その他
  • 2液性ウレタン吹き付け

一般産業・その他

  • 冷凍・冷蔵施設の防熱
  • 各種配管ダクト周りの充填断熱
  • LNG,LPGなど低温施設の断熱

  • 車両・船舶などの補強等
  • その他ウレタンフォーム用途

製品から探す

動画で見る 2液性ウレタンフォーム

2液性ウレタンフォームの特徴
(1液性ウレタンフォームとの比較)

動画を再生する

2液性ウレタンフォーム・ボンベタイプ商品

商品の使用方法

動画を再生する

吹付用ノズルと注入・充填用ノズルの比較

動画を再生する

使用後(残液がある場合)の保存方法

動画を再生する

※ 再生にはInternet Explorerおよび Windows  Media Playerが必要です。

高画質版はこちら

FOMOの発泡ウレタン・硬質ウレタンフォームの強さ

1970年代初め、既に2液性硬質ウレタンは商業化されており、欧州ではボートの浮力増強用途として販売されていました。しかし、正しい比率で2液を混ぜることや、混合液が相当発泡するために扱いが難しいことから、うまくユーザーには受け入れられませんでした。こんな状況下、弊社創始者であるフランツ・ローター・ミチカ(Franz Lothar Miczka)は1974年、ドイツにおいて世界で初めて1液性硬質ウレタンの商業化に成功。必要な原料が所定の比率でひとつの容器に含まれている1液性ウレタンは、これまでの2液性ウレタンと比べ作業性が良いことから、信頼できる硬質ウレタンフォームとして広く受け入れられるようになりました。 当初は自動車騒音低減のための注入用途が主でしたが、やがて、住宅のドア周りの充填用として広く欧州で使われるようになり、硬質ウレタンフォームの需要は飛躍的に増加。その後も、発泡ウレタン、硬質ウレタンフォームは着実な進化を遂げてきました。2液性ウレタンについても、専用ガンの改良などによって作業性も向上しており、今では1液性とならんでフォモジャパンの主要商品のひとつとなっています。

製品カタログ

1液・2液用途別性能比と対応製品