硬質ウレタンフォームについてのワンポイントアドバイス

主な断熱材の熱伝導率

熱伝導率は物質中の熱の伝わり易さを表す値で、厚さ1mの物質のひとつの面ともうひとつの面の温度差が1℃ある場合に、1時間の間に伝わる熱量を表します。

熱を伝えにくい物質ほど熱伝導率が低く、断熱材として優れた性質を持つと言えます。
(熱伝導率は商品により若干の違いがあります。詳しくは「技術データ」の性能表をご参照ください)

主な断熱材の熱伝導率

[ × Close ]