1液性簡易発泡硬質ウレタンフォーム

1液性簡易発泡硬質ウレタンフォームについて

  • 1液性簡易発泡硬質ウレタンフォームは1つの容器に主原料であるイソシアネート、ポリオール、発泡剤を含みます。
    容器を良く振って吐出された原液は空気中の水分と反応して発泡・硬化します。
  • 液吐出後、約2倍に発泡し、約10分後に表面が硬化、約1時間後に内部まで硬化します。
    (表面硬化時間、内部硬化時間は商品により違いがあります。詳しくは〈性能表〉を参照ください)
  • 1回の注入・充填の厚みは50㎜x50㎜が最大です。
    それ以上の場合は、フォーム内部まで空気中の水分が浸透せず、発泡不良になる可能性があります。
    このような場合は、20~30㎜角の注入・充填を何度かに分けて行ってください。
    この場合、下層部の内部硬化を確認した後に次の層の注入・充填を行ってください。
  • また、極端に密閉された箇所への注入・充填も空気中の水分が行き届かず、発泡不良につながります。